ゲーム

フォートナイト 40代 | ディビジョン5でビクロイ達成までにやった事

投稿日:2020年11月28日 更新日:

40代になってからTPS(Third Person shooter、第三者視点のシューティング)ゲームであるフォートナイトを始めました。練習を続けて先日、アリーナのディビジョン5でビクロイをしました。最後の相手をしっかりと撃破してのビクロイだったのでとても嬉しかったです。
ここまでは長い道のりでした。ご存知の通り、アリーナモードにはコンピュータープレイヤー(いわゆるボットさん)が存在せず全て人間プレイヤーです。全く戦わず隠れ続けるという戦法によりゼロ撃破でもビクロイは可能ですが、私は最低でも1マッチで1回は戦う事を自分の中でのルールとしています。つまり相手を撃破する事が必要になってきます。最初は全く相手を倒せませんでした。アリーナに来る人は技術的向上心がある人が多いので撃破は容易ではありません。こちらもそれなりに強くなる必要があります。
以下、アリーナで敵プレイヤーを撃破できるようになった要因を記事にまとめました。

プレイ環境

プレイ環境を整えるのは必須です。MacBookProでやっていた時代は敵が近づくとFPSが30以下になってしまい勝負になりませんでした。Epic-Apple騒動後にWindowsのゲーミングPCを購入し、ネット通信速度も最低ランクから2つ上へと変更、さらにゲーミングマウスを用意してようやく戦える準備が整いました。

PC: GALLERIA XA7C-R70S
キーボード:Buffalo ¥1,000くらい
マウス:Logicool G203 LIGHTSYNC
モニター:BenQプロジェクター(120FPS, 800×1280)
通信速度:

全く勝てなかった時期

いわゆる「ボット以上、人間プレイヤー未満」の時期です。
習得していた技は

・敵を見つけたら階段を一段立てて上り、階段越しにポンプ、当てたら降りてアサルト

のみでした。
建築はノープレッシャーなら縦積みができる程度。
攻撃につなげられる編集技術はほぼなし。

なので上と取られて攻められるとあっという間に負けてしまう事の連続でした。

技を知らない時点で負けている

フォートナイトには定石の技が多数存在し、それぞれに使用する意味と逆にその技を相手に出された時の対処法がある事を知りました。
代表的なのが「壁、右上三角編集開けからの攻撃」。これを知らずに1対1で勝利するのは困難だと思われます。また知っていれば、これを相手にやられた時に即座に現在自分が不利な状況である事を察知でき、自分の屋根や階段を入れるなど防御の姿勢をとる事ができます。
では数々の定石技を知るにはどうしたら良いでしょうか?それはプロプレイヤーや有名配信者のYouTube動画を見れば良いでしょう。そしてクリエイティブで見様見真似で練習すればそれなりに身につくと思われます。
しかし実戦で技を繰り出せるかは別問題です。実戦の中で技を使用する練習も必要になってきます。バトロワマッチに行って練習をするのもいいですが、時間的に効率性に欠けると思われます。練習相手を作ってクリエイティブで実戦練習ができたら高効率だと考えられます。

配信を通じて練習相手と環境を作りました

年齢的にリアルな人間関係から練習相手を見つけるのは困難でした。そこで思い切ってフォートナイトの配信を始めてフレンドを作る事を試みました。
最初の1ヶ月ほどは誰も見に来てくれずフレンドを作るどころではありませんでした。色々と動画サムネイルやタイトルの工夫、配信開始の宣伝をSNSで行ったりして中高生が1人2人と見に来てくれるようになりました。そこで思い切ってターゲットを小中高生のみに絞って配信をして行ったところ、ついに10代プレイヤーのフレンドができました。
最初はデュオやスクワッドに一緒に行ってもらいました。これだけでも大きな経験でした。立ち回りや彼らが使用する技を体感する事ができました。
さらに大きな起点は彼らに練習マップへと連れて行ってもらった事です。最初はボックスファイトだったと思います。ここで濃密に彼らの技を体感する事ができました。私は技を知らず、またその対処法もわかっていなかったので全く歯が立ちませんでした。
良い練習方法に出会ったと同時に、まともに戦うと一方的にやられるだけで時間的に非効率的だと思いました。そこで自分に有利な「ハンデ」を設ける事で、なるべく自分がプレイできる時間を長くする事を思いつきました。
具体的には

「自分だけ体力を10,000にして他のプレイヤーは100で戦う」

という、とんでもない自己中的発想で高効率の練習方法を確立しました。
配信で一緒に遊べるという特権を提供して数名の10代プレイヤーと大変良い練習を行う事ができました。

チャンピオン帯域と対戦してボコられよ

フレンドになった10代プレイヤーの中にはアリーナポイントが10,000前後の子が何人かいました。彼らとの戦いは貴重な経験となりました。

・移動、建築、編集の凄まじい速さ
・エイムの確実性
・技の豊富さ

最初は大人の私でさえ不愉快になるくらい何もできずに負けました。しかし感情を捨て、「なぜ被弾しているか」のみを分析していくうちに少しは抵抗できるようになっていきました。そしてしばらくするとポンプのカウンターや相討ちで彼らにダメージを与えられるようになってきました。後にこの「ポンプエイム」を自分の型の中心に置き、戦いを組み立てるようにしました。

ディビジョン6,7と戦えるようになれ

一方的にやられるだけでは相手を撃破できるようにはなりません。撃破できるパターンを練習するには自分より格下の相手がいると良いと思われます。しかしフレンドのほぼ全員が私より強かったので、撃破パターンの練習は主に自分の島でセントリーを相手に行いました。
さらに実戦向きなのが自分より少し強い相手と練習する事です。ディビション6,7のプレイヤー達と対戦してみると当然自分よりは確実に強いのですが、チャンピオン帯域のプレイヤーと明確な差がある事が実感できました。
チャンピオン帯域のプレイヤーに比べて全ての操作にワンテンポ「間」があるのです。なので倒されるまで結構粘る事ができます。その間に何発か相手にダメージを与えられれば良しとしましょう。

現時点の自分の型を確立せよ

上記の練習の中で自分が高確率で相手にダメージを与えられる攻撃パターンが出てくるはずです。まずはその攻撃方法の精度を高めるのが良いでしょう。理想ではそのようなパターンが多数ある事が望ましいですが、現段階では1つ、2つあれば十分でしょう。
私は至近距離のポンプエイムに全てを懸ける事にしました。チャンピオン帯域のプレイヤーにもポンプだけは通用しました。こちらは撃つ事と位置取りのみに全神経を集中します。位置取りは大切です。基本、相手の編集開けに対するカウンターになるので位置が悪いとこちらの攻撃は当たらず、ダメージのみを受けてしまいます。建築はほぼ要らないです。相手が建築してくれるので、その建築に対して自分が有利な位置に身を置きます。有利な位置が取れない場合は自分の建築を立てれば良いでしょう。
あとは補助的に、遠距離でのアサルトのエイム精度を上げておきたいところです。近距離で戦う前にアサルトで削って体力的に有利な状況にできたら理想的ですね。

アリーナで成果を確かめよ

1ヶ月ほど10代プレイヤーのフレンドに稽古をつけてもらい、再びアリーナに赴きました。以前は撃破が全くできなかったディビジョン5。はたして結果は?

緊張しながら1戦目の最初の接敵。

「なんだこりゃ? 相手、動き悪いぞ。」

私も緊張と焦りから何度もポンプを外してしまいましたが、あまり被弾せずにポンプからのアサルトであっさりと勝利。弱い。相手が弱く感じる。チャンピオン帯域のプレイヤーなら私が最初のポンプを外した時点で、返しの相手のポンプで終了です。こちらが2、3度ミスをしても相手もミスをしますし、また攻撃の精度も低いので即座にこちらが倒される事がありません。
1戦目は2撃破の後、安地移動で自分の建築に詰まってしまいストームで大ダメージ。回復できずに最後の相手にやられて2位でした。安地移動の練習、いわゆるエンドゾーン練習をしていなかったので負けました。練習していない事は全くできない事を再確認しました。
ある程度戦える事がわかったので2戦目は順位にこだわる立ち回りをしてみました。安地移動も難なくこなして気がつけば最後の敵と1対1。ハイグラの取り合いにさっさと見切りをつけて地上での戦いを選択。自分の型に持ち込むべくレンガでボックスを作成。その途中で相手がボックス内に進入してきました。得意のポンプを至近距離で当て、最後は相手の編集開けを封じるアサルトで撃破。見事、ビクロイを達成しました。

配信やっています。登録お願い致します

https://www.youtube.com/channel/UCE05Y4S0YAGHrIR7qMl-QYw

-ゲーム

執筆者:

関連記事

Macでフォートナイトが起動できない場合の対処 – MacBook Pro

目次 チャプター2シーズン4Macでチャプター2シーズン4をプレイする方法チャプター2シーズン3Epic Game Launcherが起動できない場合の対処法諦めてゲーミングWindowsPCを購入 …

弾丸と壁/人の接触判定を少し真面目に実装してみる|ゲーム作成

フォートナイトみたいなオンラインバトロワゲームを作っています。優秀なサンプルコードから作成を開始したので早い段階で一応形にはなりました。しかし、サンプルをいじりすぎて接触判定に矛盾が生じてきてしまいま …

フォートナイト 花編集マップ世界最速に挑む ?

ゲームでタイムを競った最後の記憶を辿るとF-ZEROが思い起こされます。最初のコースを5周するやつでどう頑張っても2分が切れなかった記憶があります。古い思い出は置いておき、相変わらずフォートナイトにハ …

フォートナイトで全然勝てないので自作してみた | ブラウザゲーム

フォートナイト面白いですね。私もやっています。しかし全く勝てません。かっこいいコスチュームを纏ったプレイヤー達に瞬殺されまくっています。もう少し初心者も楽しめる仕様もあったら面白いのでは?、という思い …

Epicクリエイターサポートプログラム、税務インタビューと Hyperwalletアカウント設定

2020年11月30日から再開されたEpicクリエイターサポートプログラムの申し込み。申し込み自体はSNSのフォロワーが1000人以上いれば比較的容易に完了できます。しかし難関なのが60日以内に設定を …

スポンサーリンク