ゲーム

登録者数50人 YouTube配信者の苦悩 – フォートナイト

投稿日:

TPSゲームのフォートナイトにハマり、練習相手が欲しくてゲーム実況配信を始めてみました。開始から1ヶ月ほどで1人2人とフレンドができ、同時にチャンネル登録者数も少しずつ増えてきました。2ヶ月が経過したあたりで登録者が50人に近づき「これは結構簡単に1,000人行けるのでは?」と思い、チャンネル登録者数を増やすことを狙った配信をやるようになりました。
するとどうでしょう。これまでになかった

・言いがかりをつけてくる人
・あからさまなアンチ
・登録を外す人

が頻繁に現れるようになりました。登録者数は50人から増えるどころか減る一方となり、配信も毎回チャット欄との言い争いでフォートナイトどころではありません。
以下、一連の経過、原因、今後の展望について述べたいと思います。

登録者数に目が眩んだ瞬間

その日は確か休日だったと思います。いつも通り練習相手を募集するスタイルで配信をしていました。サムネイルに「初心者集まれ」などと書き、動画タイトルは「参加型やります」といった感じだったと思います。特に変わった手応えはなかったのですが1日で登録者数が一気に9人ほど増えたのです。確か、その日の朝で40人だったのが配信を終えた夜には49人になっていたのです。
ここで完全に登録者数に目が眩みました。そして

「このペースならあっという間に1,000人に行ける、完全にコツを掴んだ」

と思いました。
次の日からあからさまに登録者数を増やす事を狙った配信を行いました。具体的には

「チャンネル登録してくれたら参加できるよ」

と動画タイトルにうたい、また配信中も連呼しました。

「参加型」登録者数増のためにとった悪手

これが完全に悪手だったのです。大々的な参加型配信の初日、私は配信中に始めて怒りました。
動画タイトルによる呼び込み効果は絶大で多数の参加希望者がチャット欄に集まりました。しかしどうでしょう。私としては練習相手は1人いれば十分です。私は最初の参加希望者を呼び入れ、ボックスファイトを楽しんでいました。時間的にも十分練習できたのでもう今日の参加型は終了で良いと思い、打ち切ろうとしました。その時、1人の参加希望者がこうチャット欄に打ち込んだのです。

「参加させろよ、タイトル詐欺だろ」

胸元がカッと熱くなる激しい怒りの感情を今でも覚えています。神経質な性格である私は参加者が多数になり捌ききれない場合を想定して、タイトルの最後に「人数制限あり」と付けていました。神経質に加えて少々「完璧主義者」を気取る私は上記の発言を許すことができませんでした。

「いや、タイトルに人数制限ありって書いてあるだろ!!詐欺って言葉の意味分かっているのか?名誉毀損だろうが!!訂正しろ!!」

冷静さを失った言葉を発してしまった私の完全な負けです。

「は?ちょっと言い間違えただけで名誉毀損とか笑えるw」

と返されました。正確にはこの程度のやりとりで名誉毀損で訴えられるはずもなく、百歩譲ってこの場合に適切なのは「侮辱罪」の適用らしい?です。
私はチャット欄との言い争いに慣れていません。相手は難癖つける常習犯でしょう。言い争いでは相手の方が上でした。とにかく私を怒らせるような言葉を連発されて不愉快極まりない時間でした。
結局、一息ついてその人を非表示にして落ち着く事ができました。この人も最初は登録してくれていたようなので、ここで明確に「登録者が減る」という事を経験しました。
翌日には、参加希望者ではないのに

「登録する価値ないよ」

と、一言目から直球の批判をする人が現れました。動画タイトルの工夫に加えて、より目を引くようなサムネイルを作成した事により、多くの人が集まるようになりました。結果として悪い人も来るようになってしまったのです。私はこれを「第一アンチ」と認定しました。チャンネルが大きくなればいずれアンチは生まれると思っていましたが想定よりもずっと早い段階での事に大変驚きました。

弱みにつけ込まれて登録者数は減る

次回から「相手の挑発に乗らない」、「怒らず冷静に対処する」と心に誓って配信を続けました。また、「ここ2、3日はたまたま態度の悪い人が来ただけ」と軽く考えていました。そして揉めた翌日という事もあり、その日は新規の参加型をやめて常連のフレンドとのみ練習をして配信を終えました。
するとどうでしょう。登録者数が一気に2,3人と減っていったのです。なぜ?揉めていないのに。減った登録者数を見たとき、非常に嫌な気分になったのを覚えています。気を取り直してこう思うことにしました。

「まあ、結局参加してもらえなかった人達には外されて当然か。」

その後は「1回の配信で参加できるのは1、2名程度」と動画タイトルにうって、しっかりとその人数は参加型を行うようにしました。すると配信中に参加した人数分、登録者数が増えているのが確認でき「これで軌道に乗った」と思いました。
しかし、信じられない事が起きます。配信が終わって数時間後、登録者数が減っているのです。そう、先ほど参加した人は、配信終了後に登録を外していったのです。何とも嫌な気分になりました。配信中に丁寧に対応してやったのに、それに対する仕打ちがこれか。。。

今度は条件に付け加えました。

「配信後に登録を外さない人とのみ遊びます」

今思えば、この条件には何も強制力もなく無意味である事がわかります。参加型を続けましたが、配信中に増えた登録者数は終了後に減る事の繰り返しでした。

さらにこうも思います。顔の見えない匿名の世界では相手に対する嫌がらせをやり放題です。私が配信中に

「登録外さないでね。登録者数が増えないと配信が続けられないから」

と言った回は、登録者数が減ったように感じます。私はこのセリフを言えば皆が外さないでくれると思っていましたが逆だったようです。彼らは「だったら外してやろう」と思ったのでしょう。

そう。弱みを見せたらつけ込まれる。よく考えればこれは実社会と同じかもしれません。

一体どうすれば増やせるのか?

参加型にうんざりした私は「初見の参加」を一切行わないことにしました。これでとりあえず嫌な思いはしなくなり、再び楽しくフォートナイトで遊べるようになりました。しかし登録者数は一切増えなくなりました。

これが答えです。登録を条件とした参加型は一種の「ドーピング」であり、正規の登録者数の増やし方ではなかったと考えられます。

ではとうしたら増やせるのでしょうか?考えられるのは、私が

・メチャクチャ強いフォートナイトプレイヤーになる
・お笑い芸人さんのように面白い配信者になる

くらいでしょうか?何らかの「実力者」でなければ登録者数は増えないのです。

多様性を受け入れ、ルールを減らす

そうは言っても上記の2つはほぼ不可能ですから、もう少し現実味のある策を考えてみたいと思います。
負の要因として思い当たるのは私の「ルールの多さ」です。チャット欄の言葉遣いで私が視聴者と揉めた回がありました。翌日、嫌気がさした私はチャット欄を見ずに配信を行いました。配信が終了してチャットを確認すると前日揉めた子もまた遊びに来ていて、チャットの中で常連の子たちと仲良くやっていました。おまけに私のプレイの応援までしていました。何だかほっこりしました。
過度に口うるさくルールの徹底を促すと若い子たちは反発したくなります。それぞれの立場の人間の「多様性」を受け入れて細かいルールを無くせば、多くの人が配信に遊びに来てチャンネルの成長へと繋がるのかもしれません。

ライブ配信者はサンドバッグ

今考えると、ライブの配信というのは駆け出しのYouTuberにとってハードルが高かったのではないでしょうか。ライブは反応の速さが魅力的ですが、暴言などが直接的に配信者へ届くというリスクもあります。編集等で作りあげられた動画と異なりミスも多く、揚げ足を取れる箇所も多くなります。実生活でストレスを抱える人間にとっては、すぐに悪口を言える格好の標的とも成り得ます。ストレスのない配信を行うにはモデレーター さんなどのスタッフを用意し、配信者を暴言、誹謗中傷から守る体制が必要であると思われます。

ネット上での暴言・誹謗中傷は麻薬

私の持論ですが「ネット上での暴言・誹謗中傷は麻薬と同じ」だと思います。麻薬は快楽の代償として自らの体を破壊し、また重い罰則があります。
ネットでの暴言、誹謗中傷はどうでしょうか?快楽は間違いなくあるでしょう。負の書き込みをしたくなる原因は、その人の現実での社会から受ける評価にあると思われます。人は、自分では精一杯頑張っているつもりでも社会から評価されない場合、社会的に高い評価を受け、もてはやされている人物に嫉妬をするでしょう。嫉妬だけではなく、その人物がその地位にいる事が許せないと感じた時、人は誹謗中傷によりその人物の評価を下げる行為へと走るのだと思われます。そして、その人物が傷つく様を見て少なからず快楽を得るのでしょう。
では、その代償はないのでしょうか?私はあると思います。「人の成功が喜べない状況」というはとても苦しいと思います。他人の成功など日常に無数に転がっているわけで、それらを見るたびに不快になり、相手を下げる行為をしなくてはなりません。これが幸せなはずがありません。とてつもなく苦しい毎日でしょう。精神的、さらに肉体的にも大きな代償を払っていると思われます。
しかし、それでも日常に誹謗中傷が溢れているのは現状ではネットでの人物特定が容易でなく、重い罰則を適用するのが困難であるからだと思われます。法整備が進み、ネット上の匿名に起因した犯罪が無くなる事を願っております。

話がだいぶ飛躍してしまったのでこの辺で終わりましょう。


以上、駆け出しYouTuberの苦悩に関する記事でした。

-ゲーム

執筆者:

関連記事

エピックのアップル提訴問題 じゃあフォートナイトフォン作っちゃいなよ

8月13日、フォートナイトの開発元の米エピックゲームズがスマホアプリ課金システムなどが独占に当たるとして米アップルと米グーグルを提訴したそうです。現在、多数のフォートナイトプレイヤーYouTuberの …

ライフゲームをブラウザで遊ぶ / Conway’s Game of Life

ブラウザで遊べるライフゲーム(Conway’s Game of Life)を作成してみました。緑の自セルを配置して赤い敵セルを消してみましょう。基本的なパター …

フォートナイト配信でキーボードマウス操作を表示する

フォートナイト配信を始めて3ヶ月ほどが経過しました。チャンネル登録者数は70人ちょっと。チャンネル登録を条件に参加型を行うと一時的には増えますが、配信後にきっちりと登録を外して帰っていくので一進一退と …

Macでフォートナイトが起動できない場合の対処 – MacBook Pro

目次 チャプター2シーズン4Macでチャプター2シーズン4をプレイする方法チャプター2シーズン3Epic Game Launcherが起動できない場合の対処法諦めてゲーミングWindowsPCを購入 …

Fortnite won’t launch. How to fix it? [Mac OSX/MacBook pro]

[Last verification: 2020/07/19 v13.20 ][Solution]Just update the Mac OSX to 10.15 (Catalina).With 10 …

スポンサーリンク