ゲーム

Epicクリエイターサポートプログラム、税務インタビューと Hyperwalletアカウント設定

投稿日:

2020年11月30日から再開されたEpicクリエイターサポートプログラムの申し込み。申し込み自体はSNSのフォロワーが1000人以上いれば比較的容易に完了できます。しかし難関なのが60日以内に設定をしなくてはならない「税務インタビュー」と「Hyperwalletアカウントの開設」です。
12月4日現在、何とかHyperwalletアカウントが無事に有効になったので、申し込み時の要点をまとめておこうと思います。

私の記事の内容が正しい補償はありません。参考にされる際は自己責任でお願い致します。

税務インタビュー

【プロフィール】
推奨された「個人」形式を選択してインタビュー入力を開始しました。
最初はプロフィールの入力。氏名や住所を入力すればOK。しかし日本語を受け付けなかったのでアルファベットで入力する必要があるようです。

【同意】

電子署名に関する同意。「はい」を選択しておきました。

【状態】

日本にいるので「いいえ」にしました。

【状態その2】

インタビュー最初に選択した「個人」が自動で入りました。

【状態その3】

日本にいるので「全てのサービスはアメリカ国外で行う」を選択しました。

【状態その4】

「いいえ」を選択しました。

【レビュー】

書類が表示されるので内容を確認して「続く」を選択しました。

【署名および提出】

チェックボックス、署名、メールアドレス等を入力して「W-8BENを提出します。」を選択しました。
事業能力はこれまでの流れから「Individual」にしました。正しいか自信は無いです。

【署名および提出その2】

「インタビュー終了」を選択しました。

トップページに戻ると上記メッセージが表示されました。

Hyperwalletアカウント

税務インタビュー完了後、1時間ほど経過すると「Hyperwalletアカウントを有効化する」というボタンが現れました。ボタンを押してアカウント開設の手続きに進みます。
手続きは比較的容易に進められました。身分証明として免許証等のスキャン画像が必要となりました。私は免許証を選択し、表と裏の2画像をアップロードしました。画像サイズに制限があり、400kb以上4Mb以下である必要があるので注意。小さすぎても大きすぎてもダメという事らしいです。

手続き終了後、確認に時間がかかるようです。私は2日後の朝に確認が完了したとのメールが届きました。

以上、Epicクリエイターサポートプログラム申込みの「税務インタビュー」と「Hyperwalletアカウント開設」に関する記事でした。



-ゲーム

執筆者:

関連記事

Fortnite won’t launch. How to fix it? [Mac OSX/MacBook pro]

[Last verification: 2020/07/19 v13.20 ][Solution]Just update the Mac OSX to 10.15 (Catalina).With 10 …

フォートナイト 40代 | ディビジョン5でビクロイ達成までにやった事

40代になってからTPS(Third Person shooter、第三者視点のシューティング)ゲームであるフォートナイトを始めました。練習を続けて先日、アリーナのディビジョン5でビクロイをしました。 …

フォートナイトで全然勝てないので自作してみた | ブラウザゲーム

フォートナイト面白いですね。私もやっています。しかし全く勝てません。かっこいいコスチュームを纏ったプレイヤー達に瞬殺されまくっています。もう少し初心者も楽しめる仕様もあったら面白いのでは?、という思い …

Macでフォートナイトが起動できない場合の対処 – MacBook Pro

目次 チャプター2シーズン4Macでチャプター2シーズン4をプレイする方法チャプター2シーズン3Epic Game Launcherが起動できない場合の対処法諦めてゲーミングWindowsPCを購入 …

Epicクリエイターサポートプログラムが再開されました – 念願のカスタム権限

長い事休止されていたEpicクリエイターサポートプログラムの申込みが2020年11月30日から再開されたようです。一応、小規模ではありましたがフォートナイト配信者である私としてはクリエイター登録を受理 …

スポンサーリンク