ゲーム

[フォートナイト] 40代プレイヤーがアリーナチャンピオンリーグへ到達した方法

投稿日:2021年4月30日 更新日:

2020年9月にゲーミングPCを購入して本格的にフォートナイトのプレーを開始。様々な技術的苦難に直面しながらも2021年4月末についにアリーナチャンピオンリーグ(ディビジョン8、6045ポイント)へと到達しました。
先シーズン(チャプター2シーズン5)より本腰を入れてアリーナモードをやり始めました。そして初のディビジョン7に上がり、衝撃を受けました。4から5、5から6では少しずつ敵のレベルが上がってきているな程度の印象でした。しかしチャンピオン帯域プレイヤーともマッチングされるディビジョン7は全くの別世界でした。それまで同様に僻地に降下しても必ず敵プレイヤーがいて、かつ初動からとんでもないスピードでこちらを狩りに来るではありませんか。こんな過酷な状況で4000から6000までの2000ポイントを稼げるのか?チャンピオンリーグというとてつもない壁を体感するとともにここでアリーナモードのやり込みから脱落するプレイヤーも多いのではと思いました。
TPSゲームのプレイ自体、フォートナイトが初という現代的なゲームをほとんどやってこなかった私がどのようにしてチャンピオンへ行けたのかを以下に記します。まとまりのない文章になると思われますが、毎日の眠りが浅くなるほどの試行錯誤を重ねた道のりを詳しく述べたいと思います。
(加筆、修正の予定あり)

私の実力略歴

参考までに直近のシーズンでのアリーナ最高成績を以下に示しておきます。

チャプター2 シーズン3以前、データなし。アリーナに行けるレベルではなった
チャプター2 シーズン4、ディビジョン5 (2600くらい)
チャプター2 シーズン5、ディビジョン7 (4300くらい)
チャプター2 シーズン6、ディビジョン8 (6045)

客観的に見て私は強くありません。配信で知り合った小中高生プレイヤーはほぼ全員、私より強かったです。多くのおじさんプレイヤーがそうであるように建築、編集を駆使して戦う事がほとんどできず、相手を撃破するとしたらボックスファイトに持ち込んでエイム一本勝負といったところです。

アリーナはソロでやる

アリーナには、ソロ、デュオ、トリオがありますが、私は「ソロ」でやることをお勧めします。やはり他に味方がいるとその人に頼りがちになってしまいます。現にチャンピオンに到達したプレイヤーの中には、自身の実力はあまりなく、強い人にキャリーしてもらって(手伝って)ポイントを稼いだ人も結構いるのではないでしょうか?それもまた一つの方法かもしれませんが、私はソロでやる事にこだわりました。ソロでやればどんな形であれ「自分で解決する」力がつくからです。

鬼門、ディビジョン7

なぜディビジョン7が難しいのか?その理由は

・自分より上のランクであるチャンピオン帯域プレイヤーとマッチングされる

から、これにつきると思います。
え?それだけなら戦いを避けるスタイル(いもり)で十分ポイント稼げるのではと思うかもしれません。しかしそれは通用しません。なぜならチャンピオンになるとマッチ開始時に徴収されるポイント(バス料金)が60ポイント以上になり、順位ポイントだけでは効率良くポイントを伸ばせなくなるため「積極的に撃破ポイント(+20)を狙うスタイル」が必要になってくるからです。
なのでディビジョン7になって初動攻撃が明らかに増えて面食らいました。ディビジョン6までは何となく皆、初動は戦いを避けて25位のポイントが入ってから撃破を狙おうかなっという雰囲気が感じ取れました。
さらに初動攻撃に加えてディビジョン7における敵の追ってくる執念も段違いに感じました。こちらが逃げても、撃破を狙うスタイルのプレイヤーはどこまででも追ってきます。そして追ってくる技術も高いので絶対に逃げきれません。

以上の理由からディビジョン7に入ってポイント取れずにマイナスになってしまうマッチが増えました。具体的にはマイナス40ポイントとなり、これが心を折る大きな要因です。せっかく積み上げてきたポイントが40ポイントも下がり、これを取り返すためには、25位以内に入る成績(+20ポイント)を2回連続で取る必要があります(15位以内ならさらにポイントが入るので1回で取り返せます。)。しかしそう都合良く取り返せる保証はなく、取り返しを狙ったマッチで再び失敗をすればあっという間に数100ポイントが失われていくのです。

ここでディビジョン7における、撃破がない場合のポイントを以下にまとめておきます(バス料金込み)。

26位以下、-40
25-16位、 +20
16-6位、 +50
5-2位、 +80
1位、 +140 (ストーム、落下などのゼロ撃破ビクロイ)

4000から6000の「2000ポイント」を得るにはどういった計画を組めば良いか考えてみます。先述の通り、26位以下撃破なしなどのマイナスになるマッチは極力回避する方針で話を進めます。もちろんアクシデント的にマイナスになる場合はありますが、1,2割でも失敗があるのような立ち回りは避ける考えでいきます。
+20で100回連続失敗なしというは相当な精神力が必要であり、私には無理と判断しました。現実的には毎回+50ポイント以上を稼ぎたいところです。+50でも40回連続失敗なしが必要となります。
具体的な数字を見るとやはり撃破もある程度狙った方が良いのではと思うかもしれません。対面に自信があれば当然それもありです。しかし多くの場合、中途半端な対面力はディビジョン7では通用しません。そして戦闘を選択した結果、初動落ちが増え、あっという間にポイントが下がっていくのです。

戦闘回避、頭の勝負で生き残れ

私も4000ポイントを少し超えたところで初動の戦いを何回か体験しました。そこで全く歯が立たずほぼ完封で負け続けました。もちろん私が弱いのも理由です。しかし私は自分の感覚を信じました。

「これはちょっとやそっとの実力差ではない。。。」

弱い私でも一応、今シーズンのディビジョン6で3撃破ビクロイを経験していました。また、結果として戦って敗れたマッチでも完封されることはほとんどなく、ショットガンの一発くらいは当てられていたのです。それがディビジョン7では圧倒的な実力差を感じる攻めのスピード感とエイム力で1ダメージも与えられず敗北。おそらく僻地に降りるプレイヤーを狙ったチャンピオンプレイヤーにやられたのだと思います。

4000〜4100ポイントあたりで私は決断をしました。

「徹底した戦闘回避スタイルでいこう」

私はどうしても今シーズン中にチャンピオンに行きたかったのでこの選択をしました。残り1ヶ月を全て対面強化に当てても撃破スタイルが通用するレベルには行けないと判断したのです。「是が非でも今シーズン中に」という強い制約を設けた理由は、フォートナイトがいつまでも存続するとは限らないからです。また1シーズンごとに明確なステップアップをしたいという思いもあります。私にとってフォートナイトはプレイしているだけで楽しいのでダラダラと遊んでしまいがちです。しかし自身のプレイがレベルアップすればもっと楽しめるでしょう。

ここで強く言いたいのは

「いもり と戦闘回避は全くもって別物」

という事です。
私の定義では

「いもりは隠れるなどしてその場に長時間留まっているスタイル」



「戦闘回避は積極的に索敵を行い、敵プレイヤーのいない場所へ移動するスタイル」

としています。

いもりスタイルも時には通用するでしょう。しかしチャンピオンプレイヤーはいもりプレイヤーを狩る技術も高いです。「この辺りにいもってそうだな」という嗅覚に優れていて受動的な隠れるスタイルで生き残れる確率はそれほど高くないと感じました。
それに対して戦闘回避スタイル、具体的には降下時から全力で索敵を行って、いかにして敵のいない場所に身を置くかを徹底した方が生存確率が高いと感じました。

生き残るのに必要な技術[建築/編集]を磨け

ストームの第2収縮が終わると安地範囲も小さくなりほぼ確実に接敵します。この状況においても私は「いもりスタイル」より「戦闘回避スタイル」が優位だと感じました。
茂みなどに身を置くと初弾を受ける可能性が高いです。また戦いが始まって時点で位置的にも不利な状況でそこから粘るのが困難に思えます。
私の考える戦闘回避スタイルでは、まず最初の段階である程度資材を使って建築を組みます。2〜3マス横に取るか、1マスで上に2、3段積むかはその状況に応じて変えます。そして必ず屋根の部分に上がり、屋根を編集で透かして周囲を見れる体勢にします。

これがかなり重要で、こちらに相手が向かってくるかを一早く察知できます。敵が詰めてくるのが分かったらこの戦いが最後になるつもりで全力で防御します。一番良いのは上を取る事だと思います。うまく相手より上を取れればかなりの戦闘時間を稼げます。上を取れなかった場合は左右、後ろ、下に素早くボックスを広げて粘ります。

「こうして数秒、粘る間に順位ポイントが加算された場面が何度もありました」

マッチの中でこのような体験をしたので毎回アリーナ前のクリエイティブ準備運動では1ボックスを素早く作り、さらに隣にボックスを広げる練習を欠かさずやるようにしました。結果として「戦闘回避スタイル」といは言うものの私のフォートナイト技術は確実にレベルアップしました。

途中でブレない心構えが必要

このスタイルでやってはいけないのは

「失敗が続いた時に他のスタイルに逃げてしまう事」

です。
私も何回かやられて「やはり対面力をつけた方が良いのか」と思いました。それも一つの選択かもしれませんが私は「他のスタイルへの変更は最善の策ではない」と感じました。
なぜなら、ボックスを広げて逃げきれなかった場合、それはボックスを広げる技術が未熟だったからと私は思うからです。 CRカップの鬼ごっこマッチにおいてプロプレイヤーの本気の逃げの技術を見た時、衝撃を受けました。建築と編集を極めれば、資材さえあれば永久に逃げられるのではと思いました。

ディビジョン7で2000ポイントを稼ぐにあたり、私は絶対に戦闘回避スタイルのままいくと決断しました。もちろん失敗する時もあります。しかし、

「失敗した時に、その原因に正面から向き合えばレベルアップできる」

のです。

試行錯誤から成長を実感せよ

2000ポイントは長い道のりです。時にはアリーナから離れたくなるかもしれません。なので私は毎回、アリーナの他に1回は通常ソロマッチにもいくようにしました。そこでは「戦闘回避スタイル」はやりません。真逆の「初動からバリバリWキースタイル」をやります。するとどうでしょう。以前より戦えるようになっている自分に気がつきました。
通常ソロだと人間プレイヤーが相手でも完封されることはほとんど無くなりました。それどころか自分がやりたいプレーが結構通用するようになっていました。具体的には

・建築バトルで上を取る
・ダメージを受けても周囲を自分の建築で囲って回復
・相手を自分の建築で閉じ込める
・建築編集からのショットガン撃破

アリーナで自分より格上の相手に対して、いかにして生き残るかを追求した技術は、いつの間にか私を強くしていました。理由としてはおそらく防御の技術(スピード)が向上した事により、相手ヘの攻撃を組み立てる余裕が生まれてきたからだと思われます。

自身の成長を実感する事は重要です。続ける気になり、自分のスタイルにも肯定的になれます。

数々の屈辱的敗戦を経て得た究極の立ち回り

最終的に確立した私の「戦闘回避スタイル」の要点のみを以下に述べておきます。

・バスの航路からできるだけ遠い地点へ降りる
・降下はやや高めで初動被せを想定して降りる地点を第3候補くらいまで考えておく
・バウンティされない場所を選ぶ。戦闘回避スタイルはバウンティされたらほぼ終了。逆にエリア外になってからこちらからバウンティ できると安心して移動ができる。
・初動で相手にバレている場合は相手方向にダミー建築をしておく。牽制として意味があり、これだけで相手が攻めてこない場合もあった。
・序盤は回復アイテムは所持しない。エリア外ムーブを想定して体力回復を多めに持つ
・残り人数次第で第2収縮後のエリア外ムーブも想定しておく(ストーム2ダメージ)
・エリア外から安地へ入る時は慎重に。エリア外から来るプレイヤーを狙っている場合が多い。
・川や海を利用しての安地への移動は慎重に。同じように移動してくるプレイヤーが多い。(ポイント確実性を優先するなら避けて陸地移動を選択すべき)
・接敵したら全力建築で逃げる。逃げている間に相手が他の敵との戦闘になり逃げ切れた事が何度もあった。
・移動アンチになったら進行方向に対して左右どちらかのストーム境界を進む。真ん中を進むと左右から狙われて蜂の巣にされる。

また、経験から得た具体的な場所ごとの情報

・シーズン序盤はコーラル高台はほとんどプレイヤーがいなくて確実にポイントが取れた。しかしシーズン中盤からコーラルがおいしい事に皆が気付き、周囲のシャーク、灯台を合わせて戦闘回避には向かない場所になってしまった。初動でポイントを稼ぎたいチャンピオンプレイヤーも来ている印象。
・雪山方面も避けた方が良い印象。高低差が激しい地形で敵を察知しにくく、逃げるのも難しい。バス航路から遠い場合でも人が多い。

ここがスタート地点、これからは狩る側に

正直、次シーズンにもう一度同じ事はする気になれません。戦闘回避とは悪く言えば「逃げ回り」です。逃げ続けるのは精神的にキツイです。次は撃破でポイントを重ねてみたいものです。一度チャンピオンになってしまえば、今シーズン中はいくらポイントが下がろうとチャンピオンのままです。なのでこの貴重な時間を無駄してはいけません。できる限りソロアリーナを撃破スタイルでやって、攻撃技術を向上できたらと思います。

以上、40代プレイヤーが苦労の末、アリーナチャンピオンになった記事でした。

備考1:ディビジョン7におけるポイント推移

獲得ポイント累計ポイント参考情報
1+804080
2-404040
3+204060
4+804140
5+504190
6+504240
7-404200
8+504250
9+504300
10+204320
11+504370
12+804450
13+204470
14+504520
15+504570
16+204590
17+204610
18+504660
19+504710
+1254835ハイプカップ
-1254710失格ポイント没収
-3754335ペナルティ
20+804415
21+504465
22+504515
23+804595
24+504645
25+504695
26+504745
27+504795
28+504845
29-404805スチーミー5人降り
30+804885
31+20
32+504955
33+50
37+505055
38+20
39-40灯台落下
40-40灯台初動かぶり
41+50
42+805125
43+50以降、究極立ち回り
44+50
45+505275
46+50
47+50
48+50
49+505475
50+50
51+50
52+505625
53+50
54+50
55+50
56+505825
57+50
58+20バウンティ された
59+50
60+50
61+506045

-ゲーム

執筆者:

関連記事

Fortnite won’t launch. How to fix it? [Mac OSX/MacBook pro]

[Last verification: 2020/07/19 v13.20 ][Solution]Just update the Mac OSX to 10.15 (Catalina).With 10 …

Twitterでフォロワー1000人を達成する方法【フォートナイト クリエイター】

フォートナイトでカスタム権限を手に入れて自分でカスタムマッチを開催したいと思う人は多くいるのではないでしょうか。現在、Epicクリエイターになりカスタム権限を取得するには、SNSでのフォロワー数が10 …

フォートナイトで全然勝てないので自作してみた | ブラウザゲーム

フォートナイト面白いですね。私もやっています。しかし全く勝てません。かっこいいコスチュームを纏ったプレイヤー達に瞬殺されまくっています。もう少し初心者も楽しめる仕様もあったら面白いのでは?、という思い …

Macでフォートナイトが起動できない場合の対処 – MacBook Pro

目次 チャプター2シーズン4Macでチャプター2シーズン4をプレイする方法チャプター2シーズン3Epic Game Launcherが起動できない場合の対処法諦めてゲーミングWindowsPCを購入 …

フォートナイト 40代 | ディビジョン5でビクロイ達成までにやった事

40代になってからTPS(Third Person shooter、第三者視点のシューティング)ゲームであるフォートナイトを始めました。練習を続けて先日、アリーナのディビジョン5でビクロイをしました。 …

スポンサーリンク